正社員ワーママからフリーランスへ!私の経歴

はじめまして。プロフィールをご覧いただきありがとうございます。

関西在住の みずき と申します。

現在4歳・3歳・1歳の年子の三姉妹のママをしています!

3人の乳幼児を子育てしながら、現在は在宅フリーランスとしてPRやライターのお仕事をしています。

 #年子三姉妹のいる日常 自己紹介

1993年に兵庫県神戸市で生まれ育ちました。

3人兄妹の真ん中で自由奔放なマイペース人間だった私ですが、正直言って勉強は苦手で、特に英語は毎回赤点常習犯。

小さい頃から絵を描いたり、何かを作ることが好きだったことから高校は工業高校のデザイン科に進学しました。

進学が難しかった私は一度「歯科助手」として歯科医院に就職しましたが、やはりクリエイティブな仕事に就きたいと思い転職をします。

 お仕事楽しい時代

高卒&社会人経験が未熟ということもあり、たくさん面接にも落ちましたが、学歴は重視しないという飲食業界にて無事転職を果たしました。

憧れのオフィスワーク加え、何かを企画をしたりマーケティングをしたりと、この時人生で一番仕事が楽しかったように記憶しています。

まだまだこの時、会社がベンチャーだったこともあり社内には女性社員も少なく同じ部署にも正社員は私と上司の二人だけでした。

上司が社内で新しい取り組みにチャレンジしていきたいと考えていて、今の部署を私に任せたいとも言っていただきました。

そんな「人生これから上り調子」な時に、私に今後の人生を大きく変える出来事が起こるのです。

 妊娠&結婚

仕事の忙しさが苦にもならないくらい楽しかった時期に、まさかの妊娠が発覚したのです。しかも相手は同じ社内の人、現在の旦那さんです。

入社してまだ1年未満の妊娠に、妊娠による体調不良が続き1時間の通勤にも耐えられなかった為、産休を取らずに一度退職を決意します。

バリバリのキャリアウーマンに憧れていた私の夢は、一度ここで諦めることとなるのでした。

 産後半年で職場復帰

ありがたいことに出産後、元の上司から人で不足のため職場に復帰して欲しいと言っていただけました。

旦那さんが同じ職場だったこともあり、復職はスムーズに進み、再度正社員にならないかとのご提案も頂いたのです。

しかし、なんと復帰直前に第二子の妊娠が発覚し正社員ではなくアルバイトでの復帰を選択しました。

無事二人目を出産後、引っ越しを期に「保活」の壁にぶち当たります。(この話は追々またブログに書こうと思います。)

 念願のフルタイム正社員復帰

保育園激戦区にて認可に入るために、一度姉妹を認可外に通わせて職場に復帰します。延長保育が高すぎたため、一旦時短での勤務になります。

保活のかいあってか、無事に次の4月での認可の保育園へ入所することができ、やっと念願のフルタイム正社員に復帰することが出来たのです!

8時に子ども達を登園させて、9時に出社し18時に退社、延長保育ギリギリの19時にお迎えに行く目まぐるしく忙しい日々が始まりました。

そんな時に、第三子の妊娠が発覚します。

初期の切迫流産や、毎度妊娠するたびになる酷い喘息、年子三人の子育てや仕事へ戻れないかもしれないと言う不安感から安定期まで休職をとります。

なんとかその後、体調も安定し無事に出産を迎えることが出来ました。

 年子三姉妹ワンオペ+正社員ワーママ

出産後は産休+育休を経て、上の子たちと一緒の保育園に通わせるために三女が生後4カ月の時に保育園に入り、またまた正社員で復帰しました。

この4月入園の枠に入るために、春入園申し込み締め切り日に合わせて「計画分娩」を行ったお話も、また追々ブログにて紹介いたします(笑)

今回は子どもが三人となり自転車での送迎が出来なくなったことを理由に、再び定時を一時間早くする時短での勤務へと戻りました。

時短勤務になったものの、子どもが2人から3人へと増えたことによる「育児」「家事」「子どもの病欠」の負担がすさまじく、仕事も上手く回らず精神的に追い込まれていきます。

そして2019年1月、20歳の時から務めた会社を退職しました。

 会社を退職後、フリーランスに!

仕事を辞めた場合、家庭保育が可能と見なされ保育園は退園しなければならなくなります。

子どもを幼稚園へ編入させ専業主婦になることも考えましたが、子どもの環境をあまり変えたくはない。それに働くことをまだ諦めたくなかったです。

そこで、イチかバチか「開業届」を提出し個人事業主として働き続けることを決意しました。

現在フリーランスとして、PRのお仕事やライターのお仕事をしながら、未経験からWEBデザイナーになるために勉強中です!

大阪肥後橋にあるコワーキングカフェにて広報担当としてPRをお手伝いさせて頂いてます♡↓↓

 目標はママの社会復帰を支援する人になたい!

実際に自分が「結婚・妊娠・出産」を経験した上で、子どものいる女性の仕事が子育てと仕事を両立することの難しさや、新しいことにチャレンジすることの難しさ。

「子どもがいるから」「私には無理だから」

そんな風に諦めなくても、ママでも社会で輝き働くことが出来るということ、会社にこだわらずに自分らしい働き方が出来るということ。

私自身がモデルケースとなって、同じように悩めるママたちの道しるべとなることが、私の目標です。

 SNS

●Instagram https://www.instagram.com/mizukihsgw/

●Twitter https://twitter.com/3sismamlife/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です